図2-1

図2-1 マグマだまりが膨張したときの影響。地下深くにあるマグマだまりが膨張すると、火山全体が膨張するため、火山を挟む観測点の距離は拡がる。このイラストの膨張量は誇張して書いてあり、2015年の例だと、観測点間の距離がもともと10 kmあったとして、マグマだまりが膨張することによって伸びた距離は1 cm程度。