図6-2

図6-2 大涌谷駐車場近くに設置したタイムラプスカメラ(一定時間ごとに自動的に撮影するカメラ)による大涌谷の様子。目に見える噴気の量は温度や湿度、風向きによって大きく変わるので比較が難しいが、ここではほぼ1ヶ月おきに、噴気が少ないショットを選んで示した。噴気は5月末から徐々に増え始め、6月末には地表が見えにくくなった(b)。噴火時は多量の噴気が勢いよく出た(c-d)。噴火後、噴気の量は大きく減っていないように見える(e-f)。