Please allow javascript.
神奈川県温泉地学研究所 > トピックス > 箱根火山の活動 > 6月29日に観測された長周期の振動と連続微動

6月29日に観測された長周期の振動と連続微動

投稿者: Gaia 掲載日: 2015/8/24 (2662 回閲覧)
神奈川県温泉地学研究所と東京大学地震研究所は,箱根山での地震活動の活発化に伴い,5月20日より,箱根山周辺の3点に広帯域地震計を臨時に設置しています。大涌谷において小噴火が発生した6月29日、上湯場に設置した地震計で、7時32分頃より振幅の大きい長周期信号(周期150秒程度)が観測されました。また、同じ観測点で4〜7Hzの周波数帯の連続的な微動も観測されました。これらの波形の特徴について、火山噴火予知連絡会に報告しました。


報告書はこちら(PDFファイル)




8月24日掲載
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 「箱根山(大涌谷)火山避難計画」について 箱根山で2015年7月21日12時1分頃に観測された噴出現象について 次の記事
  • お知らせ
  • トピックス
  • 研究所紹介
  • 地震・地殻変動データ
  • 基礎講座シリーズ
  • 温泉分析依頼
  • 刊行物
  • 研究所に関する資料


温泉地学研究所は地質、地震、地下水、温泉の研究を通じて
地震火山災害の軽減や、県土の環境保全に役立つ研究を行っています。
〒250-0031 小田原市入生田586 神奈川県温泉地学研究所 TEL:0465-23-3588 FAX:0465-23-3589 top