Please allow javascript.
【大涌谷周辺(箱根山)の火山活動】

 気象庁は噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)を発表しています。
 箱根山で観測される火山性地震の数は、数日に一回程度まで落ち着きました。また、箱根山全体が膨張するような地殻変動も終息しています。しかしながら、大涌谷から放出される火山ガスの量は、活動の活発化前に比べて、依然多い状況が続いています。温泉地学研究所では、引き続き注意深く観測を続けています。

2017年12月15日現在

1.はじめに

 温泉地学研究所では、4月ごろから箱根火山の活動に微妙な変化を察知し、気象庁や他の火山研究機関との意見交換を進めるとともに、行政の防災対策を支援してきました。その後5月3日の噴気活動の高まりを受けて、翌4日には大涌谷園地の一部の閉鎖、5月6日には噴火警戒レベル2の発表が行われ、大涌谷への立入りが規制されるなど小規模な水蒸気噴火への警戒が呼びかけられました。「だいち2号」の観測データを解析した結果、5月7日には大涌谷で局所的な隆起が認められ、温泉供給事業者の立入許可が一時差し止められるなどの対応が取られました。地震活動は5月15日にピークを迎え、その後は徐々に減衰していきましたが、地殻変動は継続しました。そのような中、6月29日の昼頃、ごく小規模な水蒸気噴火が発生しました。これを受けて翌30日にレベル3の発表が行われましたが、噴火の規模は基本的にレベル2で想定されたものを越えませんでした。噴火は7月1日には停止、地殻変動も7月末ごろまでに停止し、地震回数も順調に低下したことから、9月11日に噴火警戒レベルが2に、また11月20日には噴火警戒レベルが1に引き下げられました。
本報告では2015年噴火とその前後でどのような観測がされ、どのような解釈がされてきたかをまとめました。

リストに戻る

プリンタ用画面
カテゴリートップ
2015年箱根山噴火の推移について(はじめに)
次
2. GPSによる観測

  • お知らせ
  • トピックス
  • 研究所紹介
  • 地震・地殻変動データ
  • 基礎講座シリーズ
  • 温泉分析依頼
  • 刊行物
  • 研究所に関する資料
箱根情報

トピックス

箱根の地震

噴火警戒レベルなど

日本の火山の噴火警戒情報へリンク

箱根のお役立ち情報

箱根ジオパークの紹介
『箱根全山』旅のテーマパーク箱根 - 箱根町観光情報ポータルサイト


温泉地学研究所は地質、地震、地下水、温泉の研究を通じて
地震火山災害の軽減や、県土の環境保全に役立つ研究を行っています。
〒250-0031 小田原市入生田586 神奈川県温泉地学研究所 TEL:0465-23-3588 FAX:0465-23-3589 top