Please allow javascript.
神奈川県温泉地学研究所 > トピックス > 箱根火山の活動 > 箱根山で2015年7月21日12時1分頃に観測された噴出現象について

箱根山で2015年7月21日12時1分頃に観測された噴出現象について

投稿者: Gaia 掲載日: 2015/8/13 (3405 回閲覧)
 6月29日の噴火以降、最も大きく活動的な15-1火口では、土砂の噴出現象が観測されており、7月21日に規模の大きい噴出現象が見られました。九州大学、東京大学地震研究所、気象庁との共同調査により、この土砂噴出の高さが火口の縁から40m以上に達したことや、土砂噴出に関連する可能性がある地震や空振が非常に弱いながらも観測されましたので、結果をとりまとめて火山噴火予知連絡会に報告しました。
報告書はこちら(PDFファイル)

 なお、15-1火口の内部の様子は、神奈川県産業技術センターが民間企業の協力を得て実施した無人偵察機(ドローン)の飛行で取得された画像でよく見ることが出来ますので、合わせてご覧下さい。

神奈川県 箱根・大涌谷情報のページ
「ドローンによる大涌谷立入り規制区域内の第2回状況調査を行いました」
リンクはこちら



8月13日掲載
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 6月29日に観測された長周期の振動と連続微動 箱根山の2015年噴火で生じた火口・噴気孔群について 次の記事
  • お知らせ
  • トピックス
  • 研究所紹介
  • 地震・地殻変動データ
  • 基礎講座シリーズ
  • 温泉分析依頼
  • 刊行物
  • 研究所に関する資料


温泉地学研究所は地質、地震、地下水、温泉の研究を通じて
地震火山災害の軽減や、県土の環境保全に役立つ研究を行っています。
〒250-0031 小田原市入生田586 神奈川県温泉地学研究所 TEL:0465-23-3588 FAX:0465-23-3589 top