文字サイズ
更新日:2015年08月24日 作成者:ウェブ担当 閲覧数:2,857

6月29日に観測された長周期の振動と連続微動

神奈川県温泉地学研究所と東京大学地震研究所は、箱根山での地震活動の活発化に伴い、5月20日より,箱根山周辺の3点に広帯域地震計を臨時に設置しています。大涌谷において小噴火が発生した6月29日、上湯場に設置した地震計で、7時32分頃より振幅の大きい長周期信号(周期150秒程度)が観測されました。また、同じ観測点で4〜7Hzの周波数帯の連続的な微動も観測されました。これらの波形の特徴について、火山噴火予知連絡会に報告しました。

2015年8月24日掲載

「Get Adobe Reader」 ロゴ

PDFファイルをご覧になるためには、Adobe社から無償配布されている Adobe Acrobat Reader が必要です。
Adobe Acrobat Reader はAdobe社のウェブサイトからダウンロードしてください。

ページトップ

神奈川県温泉地学研究所 〒250-0031 小田原市入生田586 電話:0465-23-3588 ファックス:0465-23-3589
温泉地学研究所は地質、地震、地下水、温泉の研究を通じて
地震火山災害の軽減や、県土の環境保全に役立つ研究を行っています。

© 2018 神奈川県温泉地学研究所, All Rights Reserved.