文字サイズ
更新日:2007年10月04日 作成者:ウェブ担当 閲覧数:4,823

箱根湯本の地震(10月1日午前2時21分頃)

10月01日03時45分 掲載
10月01日04時30分 更新
10月01日06時45分 更新
10月02日12時30分 更新
10月04日17時25分 更新

10月1日午前2時21分ごろ、箱根付近においてM4.9(気象庁)の地震が発生しました。最大震度は、箱根湯本で震度5強でした。また、10月2日午前8時39分ごろにもM2.4(気象庁)の地震が発生し、箱根湯本で震度1を記録しました。

1.地震活動

温地研の解析結果では本震のマグニチュード4.8、震源の深さ12.4kmとなっています。
地震波走時の観測点補正を行い比較的近傍の観測点のデータのみを使用して、本震及び余震の震源の再計算を行いました。その結果本震の震源が13.1kmとなりマグニチュードは4.6となりました。余震の震源分布は水平に近いように見えます。(10月4日17時25分)
当所の連続記録の目視による地震の頻度分布を図1に、温地研で決定した地震の震源分布及び本震のメカニズム解、深さとマグニチュードの時間変化を図2に示します。
なお、今回の震源付近では1990年8月5日にM5.1(温地研)の地震が発生しています。
地震の頻度分布

図1 地震の頻度分布

震源分布図

図2 震源分布図

ページトップ

神奈川県温泉地学研究所 〒250-0031 小田原市入生田586 電話:0465-23-3588 ファックス:0465-23-3589
温泉地学研究所は地質、地震、地下水、温泉の研究を通じて
地震火山災害の軽減や、県土の環境保全に役立つ研究を行っています。

© 2018 神奈川県温泉地学研究所, All Rights Reserved.