文字サイズ
更新日:2020年05月12日 作成者:ウェブ管理者 閲覧数:6,435

I−4−(1). 温泉の定義

(1) 温泉法による温泉の定義

 温泉とは、読んで字のごとく地下から涌きだしてくる温かい泉のことです。温かい冷たいの感覚は人によって、季節や国によっても異なります。そこで世界各国で年平均気温を基準として温泉かどうか判断されています。日本や南アフリカでは25℃以上、イギリス、フランス、ドイツなど西ヨーロッパ諸国では20℃以上、アメリカでは21.1℃(華氏70度以上)が温泉温度の基準とされています。東京の平均気温15.9℃と比べると25℃は高いようですが、沖縄・石垣島の年平均気温は24℃ですので、25℃であれば、日本のどこでも熱い冷たいの基準となるようです。
 日本では、1948(昭和23年)に公布された温泉法により、温泉の定義は「地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、温度が25℃以上又は指定された物質(成分ともいう。)が一定量以上含まれる」と定められています。

 

(温泉法の目的)

第一条 この法律は温泉を保護し、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止し、及び温泉の利用の適正を図り、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。

 


(2) 温泉(鉱泉)になる条件
 

 温泉法では次の条件のいずれかを満たせば温泉と定めています。一つは、地中から湧出する温度が、25℃以上あれば温泉となります。二つ目は、25℃未満であっても別表の2の物質(19種類のうちいずれかひとつ以上)の条件をみたせば、温泉法による温泉となります。

 1 温度

温泉源から採取されたときの温度 25℃以上

 2 物質

 (下にあげるもののうち、いずれか1つ以上) 

物質名 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離二酸化炭素(CO2)(遊離炭酸) 250mg以上
リチウムイオン(Li+ 1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr2+ 10mg以上
バリウムイオン(Ba2+ 5mg以上
総鉄イオン(Fe2++Fe3+ 10mg以上
マンガン(Ⅱ)イオン(Mn2+)(第一マンガンイオン) 10mg以上
水素イオン(H+ 1mg以上
臭化物イオン(Br-)(臭素イオン) 5mg以上
よう素イオン(I-)(沃素イオン) 1mg以上
ふっ化物イオン(F-)(ふっ素イオン) 2mg以上
ひ酸水素イオン(HAsO42-)(ヒドロひ酸イオン) 1.3mg以上
メタ亜ひ酸(HAsO2 1mg以上
総硫黄(S)〔HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの〕   1mg以上
メタほう酸(HBO2 5mg以上
メタけい酸(H2SiO3 50mg以上
炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)(重炭酸そうだ) 340mg以上
ラドン(Rn) 20×10-10Ci=74Bq以上
(5.5マッヘ単位以上)
ラジウム塩(Raとして) 1×10-8mg以上

(3) 療養泉

 療養泉は、鉱泉分析法指針により定められており、鉱泉(鉱泉)のうち、特に治療の目的に供しうるものを療養泉とし、以下のいずれかの条件に適合するものをいいます。

 1 温度

温泉源から採取されたときの温度  25℃以上

 2 物質

 (下にあげるもののうち、いずれか1つ以上) 

物質名 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離二酸化炭素(CO2 1000mg以上
総鉄イオン(Fe2++Fe3+ 20mg以上
水素イオン(H+ 1mg以上
よう化物イオン(I 10mg以上
総硫黄(S)〔HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの〕 2mg以上
ラドン(Rn) 30×10-10Ci=111Bq以上
(8.25マッヘ単位以上)

ページトップ

神奈川県温泉地学研究所 〒250-0031 小田原市入生田586 電話:0465-23-3588 ファックス:0465-23-3589
温泉地学研究所は地質、地震、地下水、温泉の研究を通じて
地震火山災害の軽減や、県土の環境保全に役立つ研究を行っています。

© 2018 神奈川県温泉地学研究所, All Rights Reserved.