2015年箱根山噴火の推移について
カテゴリ : 箱根火山の活動
投稿者: Gaia 掲載日: 2015/12/18
2015年4月下旬から活発化した箱根の火山活動は、多くの観測機器で観測され、データの解析が行われています。2015年12月末現在の解析結果などを交えて今回の火山活動の推移についてまとめました。

目次

  1. はじめに
  2. GPSによる観測
  3. 地震活動の概要
  4. 傾斜計による観測
  5. 大涌谷での局所的な隆起
  6. 2015年噴火
  7. 特殊な地震の発生
  8. 2001年群発地震との比較
  9. 今後の課題
  10. まとめ
なお、本資料の作成に当たっては、国土地理院発行の数値地図50mメッシュを使用しました。震源決定については、当所データの他に東京大学地震研究所、防災科学技術研究所および気象庁の地震波形データを利用しました。国土地理院によるGNSS観測データを利用しました。地殻変動の解析には、気象研究所が開発したMaGCAP-Vを使用しました。ALOS-2/PALSAR-2による観測データは、火山噴火予知連絡会衛星解析グループを通して、JAXAから提供されたものです。解析には、防災科学技術研究所が開発したSAR干渉解析ツール(RINC)を使用しました。
Get Acrobat Reader
PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。なお、このファイルは別ウィンドウで表示されます。