平成25年度研究成果発表会が開催されました
カテゴリ : 研究集会・講演会など
投稿者: Gaia 掲載日: 2013/6/21
成果発表会の様子  平成25年6月14日(金)午後1時から午後4時30分まで、小田原合同庁舎3階会議室において研究成果発表会が開催され、県民の方々や関係機関職員の方々など、あわせて132名の聴講者にご来場いただきました。

 研究成果発表会では、2012年の神奈川県とその周辺域の地震活動、2013年1月からの箱根火山の地震活動、鎌倉での津波堆積物調査の結果、1960年代に箱根強羅温泉で観測された異常昇温現象、箱根に分布する地下水の調査結果、足柄平野自噴井戸の調査結果に関する研究成果が発表されました。それぞれの発表において、聴講者の方々との活発な質疑応答がなされました。

 あわせて、ポスターを利用した研究報告も実施され、2001年以後箱根火山に新たに出現した噴気域、2013年箱根地震活動の詳細な震源分布、1923年大正関東地震の地殻変動量調査、伊豆半島東方沖の海底地形から推定される活断層、地震石碑調査結果に関する内容が報告されました。

 当日会場にて配布した講演要旨集をホームページ上にて公開します。
 下記のリンクよりダウンロードください。

こちらからダウンロードしてください(pdfファイル)